<< 東証、停止していた241銘柄の売買再開 | main | リカちゃんキャッスルなど紹介 昭文社が工 >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.06 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    海外の周辺機器メーカーMad Catzが

    0
      ついに日本に本格上陸か 格闘ゲーム用のアーケードスティック"ARCADE FIGHTSTICK TOURNAMENT EDITION"や、各種コントローラーなど、周辺機器を手掛けるMad Catzが、東京にオフィスを開設することを発表した. 営業とマーケティング、製品開発を主眼としている. 最高経営責任者兼社長のダレン・リチャードソン氏は、「2002年に我々の最初のインターナショナル・セールス・オフィスを開設して以降、熟練したセールス&マーケティングのチームを築き、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアの重要な小売店の皆様とともに歩んで参りました. 海外での売上の拡大は我々の成功の重要な位置を占めており、2011年度では売上の40%を米国外から得ており、すべての地域で2倍以上の伸びを見せております」と述べ、日本についても「過去数年間、Mad Catzの製品にとっては日本市場で伸びており、熟練した業界のベテランによる日本オフィスを設立し、より弊社の製品供給を拡大するための新たな第一歩と致します」と述べている. topscaldalong リリース文は、日本市場は世界のビデオゲーム市場の8%から10%を占めるとしめくくっているが、すでにMad Catz製品自体は日本代理店のMSYにより日本に上陸しており、好評を得ている. 見慣れた街に宇宙人が襲来? iPhone スポーツシューズ むしろMad Catzにとって、拡大戦略にあたり、ほとんどの格闘ゲームが生まれる"聖地"としての日本での存在感を高めようということだろう.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.06 Sunday
        • -
        • 09:41
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM